高度情報処理試験と、診断士試験

ども、山本です。

以前、勉強会にいらっしゃたストレート組のかたとの飲み会の場で、
「僕、PM(プロジェクトマネージャー)試験を受けてるんですが、
多分2次試験は余裕だと思うんですよ」
というコメントをいただいた。

当時、2次試験勉強の真っ只中だった僕は、
「1次試験もまだ受けたこともないのに、何を!」と、
心の中でちょっとむかっと、かつ嫉妬に近いものを感じたりました。

と、ここ最近、僕もPM試験の参考書を読んでいると、
なるほど、そこにかかれているコツは、2次試験対策でも通じるものがちらほら。

例として

  • 問題であげられる状況というものは、大企業にとってはありえない状況である
  • 採点者が得点をつけやすいように、定量的に・わかりやすく・本文の言葉を引用して書くこと
  • 一般論や個人の経験に依存した解答(このへん、午後IIだとどうなの?)ではなく、PMの事例に沿った解答を記載すること。

などなど。

診断士2次試験は、中小企業診断士の知識ににっとり、与件分を分析して、
事例企業に則した提案を行うというものですので、
共通する部分は多いかもしれません。

かといって、中小企業診断士試験の対策として、
高度情報処理技術者試験を練習として受験〜、なんてことはできませんが。。。

ではでは。

関連する記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です