2次試験の「切り口」について

どもども、山本 尚幸です。

本日は、2次試験対策において重要なテーマ。

「2次試験の切り口について」

2次試験の解答プロセスを行っていく方なら、必ず耳にする「切り口」という言葉。
別の言い方で呼ぶなら、「フレームワーク」などがあたります。

その役割としては、「与件文や自分の頭の中からキーワードを拾ってくる際、MECE(もれなく、ダブりなく)に取り出すための枠組み」とでもいいましょうか。
このことは、中小企業診断士として重要な「多面的視点」での考えや、分析・助言に「説得力」を持たせるためにとても有効なツールです。

具体例を挙げていきましょう。

以下のような設問について考えてみます。


平成24年 事例1 第1問(20点)
A社のような中小企業が近年、海外での事業活動に積極的に取り組むようになっている。A社のような企業の場合、どのような外部環境の変化が海外進出を促していると考えられるか。
その要因を2つあげ、それぞれ40字以内で簡潔に述べよ。


この設問の題意は、「A社のような企業が海外進出を促されている、外部環境の変化の要因について述べよ」です。
こうした場合は「外部環境分析」を行うことが必要ですので、1次試験で培った知識(以下、1次知識)から使えそうな切り口を思い出します。

例えば以下のようなものが上がってくると思います。

PEST・・・Politics:政治、Economic:経済、Social:社会、Technology:技術
5フォース・・・自社、競合、買い手、売り手、代替品
3C・・・(自社)、他社、顧客

これらをもとに、与件文や1次知識から解答として使えそうなキーワードを拾い集めてきます。
例として言えば、ざっくりと埋めていくと以下のような形でしょうか。

政治 経済特区
経済 東南アジアの経済発展、国内市場低迷
社会 ビジネスインフラ整備
技術
競合、他社
買い手、顧客 海外生産体制を強化、金銭的補助
売り手
代替品

こうした切り口を立てた時、すべてを埋める必要はありません。
「枠がある」ということで、そこに「何か埋めたい」という心理が働くことで、与件からのキーワードの抜き出しや1次知識を当てはめる意識がわいてくることに意味があります。

こうして抜き出したり、拾い集めてきたキーワードを、因果でつなぎ合わせてロジカルに文章化することで、分析・助言解答が作成できるようになります。


切り口を学ぶには

さて、切り口の重要性は理解して頂けたかと思うのですが、次に来るのは「どんな風にして切り口を覚えていけばいいの?」ということでしょう。

私が利用した手段としては、以下のようなものです。

「全知識」は2次試験対策として切り口を集めるには最高のツールとなります。
内容については毎年多少の変化はありますが、個人的には1冊あれば十分です。

他の手段についても、常日頃からアンテナを広げておき、気になったものはノートなり単語帳にメモして取り出せるよう工夫しておくとよいでしょう。
試験当日に反射的に思い出せるよう、通勤時間等の合間に見直して習慣づけておくとよいと思います。

参考に、私が利用した切り口を以下に挙げてみます。

  1. 人・モノ・カネ・情報
  2. 誰に・何を・どのように・・・戦略解答の基本
  3. ビジネスモデルキャンバス・・・パートナー、主要活動、リソース、価値提案、顧客関係、チャネル、顧客セグメント、コスト構造、収益の流れ
  4. 組織変革の7S・・・ハード(Strategy、Structure、System)とソフト(Skill、Staff、Share Value、Style)
  5. 5フォース
  6. 3C
  7. 組織を構築する3要素・・・共通の目的、貢献意欲、コミュニケーション
  8. PEST
  9. サプライチェーンマネジメント・・・企画、調達、生産、営業、物流
  10. VRIO・・・競争優位性(価値、希少性、模倣困難性、組織的体制)
  11. 茶化・・・採用、配置、報酬、育成、評価
  12. ハーズバーグの二要因理論・・・内部動機づけ(達成、承認、仕事そのもの、責任、昇進、成長)と環境要因(給料、職場環境、労働条件、コミュニケーション、会社の方針)
  13. シブコギノチケ・・・無形資源(信頼、ブランド、こだわり、技術、ノウハウ、知識、経験)
  14. 成果主義制度導入時の留意点・・・公平性、透明性、納得性
  15. セグメント・・・地理的(住居、職場)、人口統計的(性別、年齢)、心理的(ライフスタイル、朝・昼・夜)
  16. 売上=客単価×客数
  17. 客数=新規顧客+既存顧客
  18. 客単価=購買頻度×単品単価
  19. 利益=売上-コスト
  20. 4P(サービスは7P)
  21. 広告宣伝の4媒体(+1)・・・テレビ、ラジオ、チラシ、新聞、インターネット
  22. 広告宣伝手法:オンラインとオフライン
  23. ユーザーエクスペリエンス・・・体験、感動、見学、5感を生かす(触れる、試食、見る、視聴、香り)
  24. 5W3H・・・What、Who、When、Whom、Why、How many、How much、How to
  25. QCD
  26. DRINK・・・データベース、リアルタイム、一元管理、ネットワーク、共有
  27. 生産統制・・・現品、余力、進捗
  28. ECRS
  29. 効率性、収益性、安全性

こうした切り口はあればあるほど使える場面が広がりますし、実務においてブレインストーミングをする際に役立つなど、
いろんな場面で役立っていくと思います。
ぜひ、試験対策だけにとどまらず、いろいろな場面で使用できるよう、身につけていってください。
本内容については私もまだまだ足りない部分もあり、研鑽中です。

ではでは。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA