2次試験「不合格者」に見られるパターンをまとめてみました。

★★12月23日、勉強会説明会への参加者募集中★★

こんばんわ、山本尚幸です。

今年の上旬に掲載しておりました、2次試験を過去に受験したが、残念ながら不合格でした~という方について、特徴的なパターンについての記事をまとめてみました。

  1. 不合格パターン①「自分だけの知識・経験で助言する人」
  2. 不合格パターン②「自分の色を解答に出したがる人」
  3. 不合格パターン③「成長しない・変化しない人」
  4. 不合格パターン④「独自の方向性を見つけちゃった人」
  5. 不合格パターン⑤「解答の細部にこだわりすぎる人」

改めて上記のことを整理してみるなかで、ふと個人的に考える合格者の「あるべき姿」として、以下のようなものかなと並べてみました。

  • 診断先企業のことを理解するよう努める人
  • 相手や聞き手の立場になって考え・実行する人
  • 自己研鑽を続ける人
  • 誰もが分かることを、きちんと伝えられる人
  • 大局を見て、あるべき方向性に着実に進める人

抽象的なものと思われますが、日ごろからこうした姿勢を実践できているか、
心にとめておけると、次第に違いが出てくるものかと思います。
私も、まだすべてがちゃんとできるわけではありませんが、
実践していきたいと思う次第です。

ではでは。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA