どもども、山本尚幸です。

本日のテーマは、2次試験合格に至った合格者の多くが口にする、「合格の秘訣」について。

合格の秘訣は「脱力」

2次試験問題を、本試験ギリギリまで、針の穴を通すかのように睨み、
一字一句を覚え切ろうとするような勉強をして、
それこそ血がにじむような努力をするかたがおります。
で、そうした方が合格するかと思えば、案外そうでもなくて、
直前ちょっとふらふらしているようなかたが、さらっと合格してしまうような光景をみたりするものです。

そうした方々が口にする、合格する秘訣が「脱力すること」です。

僕が思うにですが、このことにいたるまでには、まずその方がそれ相応の努力をされて、
その上で頭をニュートラルに切り替えて、考え方を整理することができたので、合格することができた、
というものだと思っています。

まちがっても、試験まで何にもせずに本当にフラフラしっぱなしの人が合格できたわけではありません。

きちんと正しい方法で時間をかけて努力した人が、最後の頭の整理のために
心に落ち着きを取り戻したからこそ、本試験で最大限に実力を発揮できる、というものと思います。

ではでは。

関連する記事

カテゴリー: 2次試験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA