こんばんわ、山本尚幸です。

そろそろ2次試験対策も終わりを迎える頃合いでしょうか。
あえてこの時期に出すのもなんですが、私が考える、各事例の特徴と、勉強会での受験生の方の
答案を見比べる中で日頃感じている、得点につながるポイントについて。

事例1の特徴

  • 解答に直接使える与件根拠が少ない。→与件からの類推や、1次知識での補完が必要。
  • 社長の思いに寄り添い、いかに従業員のやる気を高めるか、という方向性が王道。

★加点ポイント

  • 企業の経営課題が、SWOT分析に基づくものであるか。
  • 企業の経営課題が、続く人事・組織提案の施策につながっているか。
  • 各設問間の繋がりを意識して、解答全体で診断書としての体裁が整っているか

 

事例2の特徴

  • 身近なテーマであるため、比較的に施策提案のアイディアが浮かびやすい。。。が、これが引っ掛け。
    →かならず与件にある材料(社内資源や地域連携など)を用いた、ベタな施策に止める

★加点ポイント

  • 4P(製品、価格、チャネル、宣伝)や「誰に・何を・どのように」、
    「売上=客単価✖︎客数」などのロジックを意識し、きちんと明記した解答作成を心がける。
    →事例2の施策は、いろんな方が様々なバリエーションを書いてきますが、
    採点する側が見たいのは「提案書としての文章が整っているか」
    「ロジックに則った文章で、社長を説得する能力があるか」という点です。
    施策の良し悪しなんて、見てません。

 

事例3の特徴

  • 解答に使える与件根拠であふれている。。。ため、整理が大変。

★加点ポイント

  • SWOT分析の内容は、必ず最終問題(新事業提案)に生かすことを心がける。
  • 長文を書く場合は、「施策・理由・効果」などを多面的に広く書くことで、
    施策提案の説得性を高める

 

事例4の特徴

  • 経営指標のウェイトが高い。
  • 取り扱うテーマは限られている(経営指標、NPV、BEP、CF計算)

★加点ポイント

  • 経営指標を選ぶ際は、「収益性」「効率性」「安全性」の3つの視点をなるべく盛り込む
  • 経営指標から示される課題・問題点は、なるべく与件文に書かれた事象を引用する(数値だけでのコメントは、点数が低いと言われています)
  • 得点が上がらない理由の多くは、「難しい問題がとけない」よりも、
    「計算ミスによる事故」がかなり多い
    →ミスをしない練習が、大事。

あくまで、私の個人的な考えによるものですので、ご参考程度に。

関連する記事

カテゴリー: 2次試験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA