試験合格に向けた、課題を定義しましょう

★★★12月23日(土)に勉強会説明会を開催します、詳しくはこちら★★★

ども、山本(尚)です。

12月の残す所半分ほどでしょうか。
年末にはまた、来年の興隆をはかるための計画の日になるかと思われます。

さて、そんな計画をたてるにあたって、診断士試験合格を目指す方にとって重要なテーマです。

「試験合格に向けた、課題を定義しましょう」

いわゆる、今の「現状」と、目標に向けた「あるべき姿」のギャップを見出し、
そのギャップを埋めるための「課題」を定義してください。

このときの課題は、具体的な対応策が考えられやすいように、ある程度詳細に詰めることをお勧めします。
例えば、科目内のテーマごとや、「5W3H」、「誰・何・どれ」などの切り口を
多用して、そのためにどんな対応策を行えば良いかが具体的かつ論理的につながるように
考えてくみてください。

実のところ、こうした課題定義→対応策検討を行うことそのものが、
診断士になるための訓練だったりします。

実生活でも活かせるスタイルを身につけるべく、コツコツ研鑽を積んでいきましょう。

ではでは。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA