試験日から逆算して、日程計画を立てましょう(パート2)

弱小勉強会 平成28年度合格の山本です。

本日、口述試験の合格発表が出たことで、正式に合格が決まりました。
ということで、今年は実務補習に勉強会執行部にと忙しい一年になりそうです。

さて、前々回にお話しいたしました、「試験日から逆算して計画を立てよう」という内容につきまして。
当勉強会のストレート組のスケジュールをご紹介しながら、説明いたします。

当勉強会のストレート組は、

①1月〜5月を、基礎知識を身につける「深堀重視」の期間

②6月〜8月試験までを、ひたすら過去問題を回す「回転重視」の期間

この2つに振り分けています。

深堀重視の期間では、まだまだ初学のかたが多くいることもあり、
試験問題をひたすらこなすよりもひとつひとつをじっくりと学ぶことで理解を深めることを
主な目的としております。

一方の回転重視の期間では、ひたすら過去問題をまわすことで、
試験当日のテクニックや、重要論点に絞った点数の稼ぐための戦略について、
身につけるという期間です。

前半では、とくに内容を理解することで得点に結びつく
「経済」「企業経営理論」「財務」「運営管理」などの
科目に時間を割くと良いと思われます。

また、後半では毎年内容が更新される「法務」「情報」「中小企業政策・経営」に重きを
おくことをお勧めいたします。

どの科目に時間を割くのかは、個々人の得意不得意にあわせて行っていくことになると思いますが、
いつまでが基礎勉強に割いて良いか、ゴールから逆算して、時間単位で区切っていきましょう。

上記のストレート組のスケジュールに関心をいただけました方は、ぜひ一度 ご見学にいらっしゃってください。

ではでは。

関連する記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です