雪にも負けず

---弱小診断士勉強会では、新規会員を通年で募集しています---

10数年ぶりの大雪が現在も降りしきる東京ですが、弱小は本日も予定通り勉強会を開催し、熱心な議論を戦わせました。

前日、これ程の雪になるとは思わなかったので、前年度会長から、「弱小の皆様におかれては、『雨にも負けず、雪にも負けず』の精神でお出で下さい」と檄が飛ばされたこともあり、皆さんガッツで集まりました。(注:本当は「雨にも負けず、風にも負けず」です。「雨にも負けず」:宮沢賢治http://www.mm-labo.com/culture/WiseSaying/a/amenimomakezu.html

とはいえ、「千葉の田舎で、しかも雨にも風にも雪にもすぐ負ける京葉線沿線に住んでおり、申し訳ありませんが、明日は自宅学習とさせていただきます」という御仁や、「雪には最弱の武蔵野線沿線におりますので、お休みします」という方もおり、弱小は自己責任の世界ですから、各人の判断にお任せしました。

本日はいつもの神田ではなく、豊島区千川が会場であり、交通は地下鉄有楽町線、副都心線利用のため、然程雪の影響は受けませんでしたが、帰りが遅くなると交通機関の運行に悪影響が懸念されることから、午後3時半で切り上げました。

20140208

雪景色をバックに、最後まで残ったメンバーで
記念撮影をしました。良き思い出となりますように。

二次組では、年度初めから続けて来た「設問読み」の纏めに入りました。2月下旬からは、オーソドックスな二次試験対応の勉強に戻る予定です。4月一杯は「基礎固め期」ですから、1日1事例のペースで、奥の深い本試験の過去問にじっくり取組んで参ります。
弱小では新規入会を積極的に受け付けて参りますので、関心のある方はぜひ見学にお越し下さい。こちらから申し込めます。

2014.2.8 前年度会長 永井廣

関連する記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です