1月の勉強会が終わりました

こんばんわ、山本です。

昨日、1月最後の勉強会を開催、総勢25名のかたが参加されました。
ストレート組が3テーブルと、2次組が1テーブルと、なかなか盛況な議論が展開されておりました。

さて、1月は新しく勉強会に参加された方も増えたことで活況に始まりました。
大変嬉しい限りですが、これから試験までの数ヶ月間は、とても険しく困難な道のりです。
専門的知識を必要とされる科目が7教科もあることから、
少なくない人数の方が途中で挫折してしまうのが、この試験の恐ろしさです。

また、一つ目の試練(僕は「魔の川」と呼んでます)である1次試験を超えたとしても、
その先にはさらなる試練(僕は「デスバレー」って、勝手に考えてます)である2次試験に、
多くの受験生が谷底に沈んで(死んでませんよw)しまうのです。

そうして、無事に谷を越えた人たちには、診断士活動という大海原(弱肉強食の「ダーウィンの海」)に出て行くのです。。。が、この先は僕もまだまだ未開の地なので、語れずw

と、ごちゃごちゃ書いてしまいましたが、今年1年は受験生のかたの合格に向けて、
勉強会運営を精一杯支援させていただければと思います。

ではでは、お疲れ様でした。
また次回も、よろしくお願い致します。

関連する記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です