勉強会模様

参加者は、シーズンによりますが、20-30名程度が中心です。 More »

見学申し込みはこちらから

見学は無料です。 ぜひ、一度、見学に来てください! 一緒に勉強しましょう! More »

入会申し込みはこちらへ

でも、その前に、ぜひ、一度見学に来てくださいね! More »

弱小診断士勉強会とは

1992年創立の「中小企業診断士」の勉強会です。 More »

 

撤退することも、大事な決断

こんばんわ、勉強会執行部の山本です。

今日は、ちょっと酷かもしれないテーマです。

「撤退することも、大事な決断」

診断士資格の取得は、大変な努力と時間を要します。
もし今の自分がそのための資源を確保できない、
または無理やり取得しても生かすことができないと判断した場合は、
今までの勉強時間や費用に固執することなく離れるという決断も、大切だと私は思います。

これは単に、勉強が嫌で諦めるという、精神論でとりあつかうものではないと思っているからです。
なにせ、診断士資格をとってからが、受験時代以上により多くの研鑽と努力が要されます。
ご自身のこれからの人生において、この資格取得のための勉強が本当に重要であるか、
もし他のことに使えたらより有意義になるのではないか。。。

もしそんな迷いがあるのなら、埋没コストにとらわれることなく、
そうした決断をすることも大切です。

僕も、過去の勉強会の仲間たちで、そうした決断をした人たちを何度も見てきました。
そのたびに思うのが、そうした決断に踏み切れる人ほど、
皮肉にも「診断士らしい」人たちだったな、ということです。
ちゃんと自分の今のSWOTと、今後の計画を照らし合わせて、決断できる人たちだったからです。

くれぐれも、自身のつまらないプライドや、過去の投資にとらわれず、
これから未来に向けた決断をすすめていける人になってください。
そうした決断は、きっとご自身を強くします。

と、またまた偉そうな文章ですね。。。
でも、いつかはこうしたことをちゃんと対面で伝えられるくらいになれるよう、
僕も頑張っていきたいと思います。

ではでは。

高度情報処理試験と、診断士試験

ども、山本です。

以前、勉強会にいらっしゃたストレート組のかたとの飲み会の場で、
「僕、PM(プロジェクトマネージャー)試験を受けてるんですが、
多分2次試験は余裕だと思うんですよ」
というコメントをいただいた。

当時、2次試験勉強の真っ只中だった僕は、
「1次試験もまだ受けたこともないのに、何を!」と、
心の中でちょっとむかっと、かつ嫉妬に近いものを感じたりました。

と、ここ最近、僕もPM試験の参考書を読んでいると、
なるほど、そこにかかれているコツは、2次試験対策でも通じるものがちらほら。

例として

  • 問題であげられる状況というものは、大企業にとってはありえない状況である
  • 採点者が得点をつけやすいように、定量的に・わかりやすく・本文の言葉を引用して書くこと
  • 一般論や個人の経験に依存した解答(このへん、午後IIだとどうなの?)ではなく、PMの事例に沿った解答を記載すること。

などなど。

診断士2次試験は、中小企業診断士の知識ににっとり、与件分を分析して、
事例企業に則した提案を行うというものですので、
共通する部分は多いかもしれません。

かといって、中小企業診断士試験の対策として、
高度情報処理技術者試験を練習として受験〜、なんてことはできませんが。。。

ではでは。

社長の視点で、2次試験解答をチェックしよう

こんばんわ、山本です。

桜満開?もう散ってる?
なにせ、今年は桜の開花が遅かったですからね。。。
僕が期待していた土日には3部咲き程度で、そこから一気に気温が暖かくなると、
平日中に満開になり、土日にはもう散ってしまうかなと。。。。

まぁ、桜のことはあんまりどうでもよいので、本日の本題。

「社長の視点で、解答をチェックしましょう」

これはとくに、具体的施策の提案において重要となります。
要は、企業の社長さんの視点になってみて、あなたが提案する施策を実行しようと思えるかです。

施策の実施には、費用がかかったり、従業員に実施を指示しなければならないなど、
コストがかかります。
そのコストを対価としても、そのとおりの施策を実施しようと思えるかです。

さて、社長の視点からのチェックするポイントについて。

  1. すぐ実施できるよう、明確なものか
    (誰が、いつ、何を行うか〜などがわかるか)
  2. 効果が明確であるか
  3. 企業の課題を解決するものであるか
    (経営課題について問われた問題解答とのつながりが意識されているか、または経営課題について触れているか)

自分自身がその解答を提出される社長になりきったとして、
その助言をすぐに行動に移そうと思えるか、思えないとしたら何が欠けているのか、
そうした視点を持って、今一度見直ししてみてください。
何か足りないかな。。。と感じた時が、試験合格への道筋が見え始める時です。

ではでは。