入江さん

平成22年1月7日

診断士受験生のみなさま

人事・労務・研修コンサルタント

入江 元太

中小企業診断士 合格体験記

~弱小勉強会で培った、合格のために大切なこと~

■自己紹介

昭和50年1月2日生(満34歳)

妻、子(1歳1カ月)もち

平成9年 慶應義塾大学 経済学部 卒業

平成9年 大手電機メーカー 入社(営業職)

平成21年2月 独立系コンサルティング会社 入社

■受験関連履歴

平成20年 TACストレート通信講座 受講

→一次合格

→二次不合格

平成21年2月 独立系コンサルティング会社へ転職

香川県高松市より埼玉県朝霞市へ転居

2月~ 弱小勉強会に参加
2月 簿記2級受験 →不合格
2月 1級販売士受験 →不合格
3月~ TAC社労士速習講座 受講
5月~ 臥龍本気塾 受講
8月 社労士試験受験 →不合格
10月 診断士試験受験 →合格

■21年度の勉強時間(1月~10月)

診断士二次

社労士

1級販売士

簿記2級

486時間(20年度は、一次約700時間、二次約300時間)

407時間

72時間

54時間

合計 1019時間

■弱小勉強会で培った「入江メソッド」

Ⅰ 各設問を「環境問題」「戦術問題」「戦略問題」に分類する

Ⅱ 「環境問題」「戦術問題」の解答の組み立て方(from ナンシーさん)

①結論(~である)

②理由(~のため)

③効果(~となる)

④具体(箇条書き)

Ⅲ 「戦略問題」の解答の組み立て方(from 杉崎さん )

①結論(~である)

④具体(誰に、何を、どのように)

■勉強会を経ての「気づき」と「改善要望」

①診断士二次 学習の王道

「基礎の反復練習」

1)設問に対するキーワードを与件から抽出する力をつける

2)わかりやすい文章にまとめる力をつける

→受験直前までに、全過去問で、80点以上(自己採点)の答案ができるようになった。

→本番では、事例Ⅰ:50%、事例Ⅱ:90%、事例Ⅲ:80%、事例Ⅳ:60%、くらいの力を発揮できた。

→統計上、全事例において、受験生の上位40%に入れば、偏差値62、上位11.5%に入れる。(金廣志著「落ちたっていいじゃん」より)

→合格できる!

②仕事との両立

診断士協会は、仕事ができる診断士を求めている。

勉強しかできない診断士は、決して求められていない。

→誰にとっても初見問題が現れるような仕掛けが盛り込まれている。

例:営業レバレッジ、アントレー、流通活動、、、

→底力を発揮するしかない。

→底力の源泉は、仕事である。

→出来る限り、仕事と勉強とを、両立させてください。

③ホワイトボード・マジック

→意見活性化や、意見の集約、復習のために、事例ごとに、リーダー(司会進行役)と、書記役をつけてください。

④書く訓練

→各事例を30分で書く訓練は「議論して頭を整理してから書き始める」方が望ましいように感じました。(入江はいつも時間オーバーで、自信喪失気味でした)

⑤素晴らしき勉強仲間たち

仲間の解答を「読む」「コメント書く」→仲間のためのみならず、自分の頭も整理できる

仲間との情報共有 →「利他の心」を養える →社長様への指導・助言業務に活かせる!

⑥名前で呼ぼう

「名前は、当人にとって、最も快い、最も大切な響きを持つことばであることを忘れない。」

「人間は他人の名前などいっこうに気にとめないが、自分の名前になると大いに関心を持つものだということを、ジム・ファーレーは早くから知っていた。

自分の名前を覚えていて、それを呼んでくれるということは、まことに気分のいいもので、つまらぬお世辞よりもよほど効果がある。」

(デール・カーネギー著「人を動かす」より)

→名札を準備するか、参加者の名前をホワイトボードに書く!

■絶対合格に向け、いちばん大切なこと

・原点回帰

何のために合格するのか。

合格して、何をしたいのか。

「今年絶対に合格する。なぜなら○○で人様のお役に立つ。」

この気持ちを常にもつこと。

→診断士になることが目的ですか?

それとも、診断士として人様のお役に立ち、成功することが目的ですか?

→勉強も大事ですが、昼食時等、合格後にやりたいこと等について意見交換し、ワクワク感を共有しながら、22年度受験で、必ず、栄冠を勝ち得てください。

■志

若年士業者にとっての悩み「自らの力を発揮できる場がない」

「独立開業しても、安定的な収入を得られるあてがない」

→弱小勉強会を「志ある診断士」を育成する場とし、雇用を生み出す組織を作る!

■最後に

今年は、熱き志をもつみなさんが合格する番です。

共に、がんばりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です