勉強会模様

参加者は、シーズンによりますが、20-30名程度が中心です。 More »

見学申し込みはこちらから

見学は無料です。 ぜひ、一度、見学に来てください! 一緒に勉強しましょう! More »

入会申し込みはこちらへ

でも、その前に、ぜひ、一度見学に来てくださいね! More »

弱小診断士勉強会とは

1992年創立の「中小企業診断士」の勉強会です。 More »

 

予想外の一次試験合格で

9月6日の1次試験合格者の発表はびっくりされた方も多いかと思います。発表内容は、
「合格基準は、本年度の得点水準を勘案し、「総点数の59%以上であって、かつ、1科目でも満点の40%未満のないこと」としました。また「経営情報システム」については、本年度の得点水準を勘案し、受験者の得点に4点を加算しました。」でした。
救済があって慌てている方もいると思いますので、2次試験6週間前のチェックポイントをお伝えいたします。

まず、H27の4事例を各80分で解いてみて下さい。そのまま受験校やふぞろいの模範解答を見て下さい。その結果、下記の3つに分類されるはずです。
①自身の解答と模範解答が近く、かつ模範解答で記載されている根拠が理解できる。
②模範解答は理解できるが、自身の解答は時間が足りず、空白の設問がある
③模範解答を見ても、「なぜ、それが正しい」のか理解出来ない。

①の方、既に合格が見えています。今の延長線で頑張りましょう。

②の方
知識や二次試験の傾向は十分で、時間があれば解けるはずです。二次試験は敢えて「80分では時間が足りない」試験です。
どこかで「標準化することで一から考える時間を短縮」する必要性があります。マーカーの引き方や定例的な言い回しを合格者の再現答案等から学びましょう。

③の方
大半の方が、ここに入ると思います。主に2つの原因が考えられます。
一つ目が、一次知識が足りないことです。例えば、事例Ⅲであれば生産運営の知識不足、事例Ⅳは財務(ファイナンス)の知識不足です。
二つ目が、二次試験傾向の知識不足です。事例Ⅰでリストラ、事例Ⅱでフルラインナップの戦略、事例Ⅲで大型設備投資の戦略は、いずれも点数は低いはずです。
二次試験ならではの傾向を理解することが合格への近道です。

当勉強会では、二次過去問の討議を通じて、勉強仲間を通じて、合格者の先輩を通じて様々な知見を得ることが出来、合格への近道と言えます。
弱小診断士勉強会は、いつでも見学・募集を行っておりますので、ぜひ、見学をお待ちしております。

見学申込

2次試験向けセミナーを実施しました

例年恒例の執行部(H27合格者およびOB)からの「2次試験に向けてのセミナー」を実施しました。
8/13(土):試験概要およびH27事例Ⅰを題材にした設問分析や与件の読み方
8/14(日):事例Ⅳの経営分析
8/20(土):2次試験の取り組み方、H27事例Ⅱおよび事例Ⅲを題材にした設問分析や与件の読み方
を行いました。
一次試験に合格した直後の方が多かったせいもあり、非常に真剣な眼差しで参加頂き、盛況な会となりました。
また、現会員のみならず、新しく見学に来られた方も多く参加されました。当勉強会は年中いつでも募集中ですので、ぜひ見学をお待ちしております。
20160820二次向けセミナーVer2

初めて一次試験を合格された方へのメッセージです。
①自分の現在の実力を知る
まず、H27の4事例を80分で自力で解いてみて下さい。それを「ふぞろい」等を利用して、合格者と自身の答案を比較してみて下さい。
大きく差があり、落胆するかもしれませんが、それがこれから埋めるべきGAPです。
まずは、自身に何が足りないのかを知る必要があります。
・時間が足りずに空白があった
・文字数が埋められなかった
・解答が全く違っている
・文章構成が合格者に比べて、大きく劣っている
等、様々な課題が見つかると思います。

②スケジュールを立てる
一次試験から二次試験まで、11週です。その間にやることはたくさんあります。
過去問はⅠ~Ⅲは5年分、Ⅳはそれ以上やった方が良いと思います。
二次試験までに、どういうスケジュールで取り組み、いつまでにGAPとなったそれぞれの項目を埋めるべきかのスケジュールを立てましょう。
それには、仕事や私用の予定も入れましょう。出張や仕事の繁忙期(特に上期末)、私用で思ったより勉強出来ない時期を考慮して計画を立てましょう。

③二次試験のお作法を学ぶ
出来れば合格者より、時間配分や設問分析、与件の読み方、解答の文章構成を学びましょう。
合格者の真似をするのが、短期間で合格する近道だと思います。

それでは、弱小診断士勉強会では、いつでも会員を募集しています。見学ボタンよりご連絡をお待ちしております。

二次試験に向けてスタートダッシュ

一次試験を受験された方、大変お疲れ様でした! 手ごたえのほうはいかがでしょうか。今年は運営管理、経営法務、情報システムが難しかったようですね。経営法務の1問5点はかなりプレッシャーですね。結果は気になるものの、試験が終わってホッとしている時かと思います。今はこの解放感を楽しんでください

とはいえ、二次試験までは2ヶ月半です。初めての方も多年度の方も一次試験に注力していて、二次試験対策からしばらく離れていた方がほとんどだと思います。しばしの休養のあとは、二次試験に向けて、早速にスタートを切りましょう。
特に初めて受験される方は、二次試験とはどういう試験なのかを知ったうえで、以下のことを考慮して自分なりの計画を立てていきましょう。

0625-2

(1)過去問はどれくらいやったらいいのか

過去問は「最高の教材」です。2ヶ月半という期間ですが、過去5年分には取り組みたいものです。そして、それぞれ2~3回は繰り返して解答を作成してみるのが良いと思います。複数回解くことで、解答のブラシュアップと、設問で問われ方が少し変わっても対応できるプロセスを構築していくことにつながります。

(2)事例Ⅳ(財務)の対策はどうするのか

できれば、過去問の10年分以上を解いておきたいです。初受験の方には酷かもしれません。しかし、まずは時間内に解けるようになるための「訓練」が必要であることと、今年度の問題に挑むにあたり、過去に出題された問題に多くの「ヒント」があるからです。取り組む教材は過去問がベストです。毎日の学習カリキュラムには、必ず事例Ⅳの1年度分に取り組むことを入れておきましょう。そして、最低3回は繰り返して解きましょう。

(3)模擬試験はどうするのか

  初受験の方は、必ず1回は模擬試験を受けてください。80分がどれくらいのものなのか連続で4事例解くことがどれくらいのことなのかを知る必要があるからです。多年度の方は、タイムマネジメントを再度確認したい場合や、事例Ⅳの財務の新しい問題を解いておきたい方は受験するのがよいと思います。そうでない方は、模擬試験は必須ではないと思います。

(4)二次試験の解答レベルをつかむ

二次試験で求められる解答のレベルの見極めはとても重要です。我流の考えで挑んで、合格することは困難でしょう。過去問を解くにあたり、過去の合格者の再現答案を是非参考にしてください。再現答案を掲載している受験校や、「ふぞろいな合格答案」「ふぞろいな答案分析」「ふぞろいな再現答案」(インターネットで検索してみてください)を参考にして、設問に対して、解答の構成がどうなっているのか、をよく確認しましょう。

(5)二次試験のタイムマネジメントを考える

二次試験は、80分で解答する必要があります。600字程度の解答を書きますが、解答を書くだけでも35分程度が必要になります(個人差あり)。事例の設問と与件を整理しながら読むとこれも20分程度必要です。そして、解答の構成を考えるのに10分はかかります。そうすると、事例を分析したり考えたりする時間はせいぜい15分ということになります。ほとんど余裕はありませんので、タイムマネジメントをどうするのかしっかり考え、訓練しておくことが不可欠です。

(6)ファイナルペーパーはどうするのか

ファイナルペーパーとは、二次試験のために、解答プロセス、解答の際の注意点や心構え、解答のための知識やキーワード等をコンパクトにまとめたドキュメントです。人によって目的や内容は異なりますが、試験当日の重要なツールとなります。試験直前に作る方法もありますが、今の段階から当日に向けてファイナルペーパーを作ることを意識して、何か気づきや当日役立ちそうなことがあったら蓄積しておくのがお勧めです。

(7)最低限おさえておく勉強法は?

二次試験の解答の作成は、「読む」「考える」「書く」の3つで構成されます。設問や与件はしっかりと読めているのか、考えるとは何を考えることなのか、解答を書くにあたっては何を考慮する必要があるのか。「読む」「考える」「書く」の3つ要素を鍛え上げる勉強をします。

2016-L

さて、弱小診断士勉強会では、一次試験の結果発表にかかわらず、二次対策のスタートを切ります。昨年も実施いたしましたが、二次試験を初めて受験される方をメインターゲットとした「夏のロケットスタート勉強会」を実施します。

二次試験とはどんな試験なのかをしっかりと理解した上で、過去問を活用した勉強会を実施します。多くの方の合格の一助となるよう願っています。

題材は、主に、H27年の二次試験の過去問を使用します。参加される方は、勉強会をより意味あるものにするためにも「自分の解答を作成して持参」いただくことをお勧めします。

 また、二次試験を機会に「弱小診断士勉強会」に参加を考えている方も是非ご参加ください。

■2016年8月13日(土) 10:00~17:00

場所:神田公園区民館 (千代田区神田司町2-2)
AM:二次試験の概要、勉強法、解答ノウハウ
PM:H27事例Ⅰの具体的解答手順(概説、設問分析、与件読み、解答分析)

2016年8月14日(日) 10:00~16:00

場所:神田公園区民館 (千代田区神田司町2-2)
AM:事例Ⅳに特化した解説(経営指標等の説明)①
PM:事例Ⅳに特化した解説(経営指標等の説明)②

2016年8月20日(土) 10:00~17:00

場所:ほっとプラザはるみ 2号室(中央区晴海五丁目2番3号)
AM:H27事例Ⅱの具体的解答手順(概説、設問分析、与件読み、解答分析)
PM:H27事例Ⅲの具体的解答手順(概説、設問分析、与件読み、解答分析)

<新規に参加される方>

Topページ上段の「入会のながれ」の「見学申込からお願いします

2016.8.7 甲田(2014年度OB)