Category Archives: 2次試験

不合格パターン⑤ 解答の細部にこだわり過ぎる

ども、山本です。

さて、今回は2次試験で不合格となりやすいと思われる方のパターンですが、

「解答の細部にこだわり過ぎる」タイプの人。

2次試験では各事例ごとに、企業の分析や施策や提案、助言を求められることがあります。
事例企業がしっかりと成果を上げられるよう、企業の実情を把握し、それを基にした提案が求められるわけです。
ここはいわば、診断士やコンサルを目指す方にとっては醍醐味とも言えるものです。
勉強会の解答議論においても、とくに施策提案については議論が熱くなりがちです。

このとき、気をつけなくてはいけないことが1点。
過去問を扱った勉強で議論したり、考えていくべきは
「解答そのもの」ではなく、その解答を導き出した「プロセス」です。

というのも、診断士試験に出題される事例企業は毎年変わるからです。
事例企業が変われば、当然そこに置かれた状況や、提案すべき施策も異なります。
過去の問題で行った提案を、みなさんが受検する今年の問題にまで当てはめることは、
できないと思って良いと思います。
解答の良し悪しにこだわるあまり、大事な解答プロセスを磨くことをないがしろにしないよう
注意してください。

大事なのは、「過去の事例企業に対して完璧な提案をつくり、覚える」ことなのではなく、
「事例企業の状況を分析し、どのように考えて提案を考えたか」というプロセスを学び習得することです。

2次試験までの約7ヶ月、プロセスをしっかりと身につけたうえで、よりよい解答を書けるように
バランスよく学んでいってください。
ではでは。

不合格パターン③「成長しない・変化しない」

こんにちわ、山本です。

前回に引き続き、今回も診断士試験に合格しにくいと思われる方の特徴、といったテーマでつらつら書いております。
なお、ここに書いていることは、あくまで「診断士試験の2次試験の合格」という点でのみ、整理したものです。
実務であったり、他の試験ではあてはまらないものも多々あると思いますので、
そういう話があるだな。。。程度にみてもらえればと思います。

さて、今回のテーマについて

「成長しない・変化しない」

実務でもありえると思いますが、何かに失敗したら、その問題の原因を分析して改善策をたてて実行していくことが、
成長することにおいて大切だし、生き残っていくために必要なものかと。。。
もし2次試験を受験して不合格だったとして、そこから改善点や問題点を見出し、対策を練って次に向かう人が合格に近付くというものでしょう。

しかし、過去の成功体験にしがみついたり、合格した誰かや参考書のキーワードだけを鵜呑みにして、
全く同じプロセスと解答を延々と繰り返すだけの姿勢は、成長とは程遠いと思います。
2次試験は毎年新しいテーマになりますし、細かなところでいれば事例企業ごとに答えるべき内容や
テーマも変わっていきます。
そのため、過去の試験問題の答えやキーワードをそのまま当てはめるような解答作成では、
その変化に対応することはできないでしょう。

ダーウィンの進化論でも唱えられている通り、
「強いものが生き残るのではなく、変化し続けるものが生き残る」というものかと思います。

と、ちょいと堅苦しい内容で書いてますが、要はきちんと毎回反省して
改善し続けましょうということとです。
ライバルは今も、刻々と自身に磨きをかけて行ってます。
頑張りましょう(๑•̀ω•́)و

得点開示請求の結果が届きました

ども、山本です。

得点開示請求の結果が届きました。
きになる評価ですが。。。。

 

 

 

 

 

 

評価:BBBA、総合A

 

 

。。。ん、知ってた。。。
兼ねてから周りに、「僕は事例4だけで合格できた人間です」って公言してましたから。。。
でも、いざ評価を見て、本当にそうだったことがわかると、なんか、微妙ですね。。。

昨年、結構 事例対策頑張ったんですよ。
なのに、評価伸びてないし(昨年度はBBAB)。。。
勉強会でも割と頑張ってた方だと思ってたんだけど、いざ得点みれば他の人に劣るともまさらず。。。

自分、別に財務会計が得意な人間でもないので、今後 執行部としての受験生サポートに、
果たして参加していいものか。。。(›´ω`‹ )

 

とまぁ、そんな感じの結果でしたが、気を落とさず今年も頑張りましょう。
(あ、ここ一応個人情報なので、後で消します。)

なお、このどんな回答でこの評価だったかを知りたい〜というかたは、
ぜひご入会下さい。
(さすがに、見学で僕の再現答案をお見せするなんていう恥ずかしい真似は、できません。。。)

ということで、入会希望はこちらから