甲田さん

はじめに

勉強を始めたのは、ずいぶん前になります。最終的には、1次試験に3回合格し、2次試験は、5回目の受験(平成26年)で合格することができました。2次試験の成績は、「Aが1つ、Bが2つ、Cが1つ」というのがおよそのパターンで、「事例ⅡでC」を取ることが多く、この傾向は、合格するまでほとんど変わりませんでした。

平成26年の2次筆記試験終了後も「できた」という感覚はほぼなく、「今年もまだダメだったか・・・」。これが正直な感想でした。2次筆記試験の合格発表日は、昼過ぎに恐る恐るWEBサイトを確認しました。合格です。この時は、とても信じられず、数十回は照合を繰り返しました。合格できたら嬉しさがこみ上げるのかと思っていましたが、既にその域は超えており、「ようやくか」という気持ちの方が強かったように思います。

1. 診断士の2次筆記試験は「紙一重」

平成26年度の2次筆記試験は、受験者数:4,885名、筆記合格者数:1,190、筆記試験合格率:24.4%でした。過去2次筆記試験の合格率は、18.5%~25%で、900人~1,200人程度が合格することになります。仮に今回の合格者の下位300人を全て不合格にした場合、合格率は18.2%になり、合格率が許容範囲よりも低くなります。逆に300人を合格にすると許容範囲である25%内に入ります。つまり、300人が同じ得点だった可能性があります

中小企業診断士の2次筆記試験は「紙一重」です。1点差で合否が決まる、今は合格ラインでなくともそのすぐ先には合格がある、1点を大事にすること、それを理解して取り組むことが絶対に必要です。

2. 1次試験のポイント

「1次試験は怖い」これをまず、意識する必要があります。私は、1次試験を初めて受験した時に悪夢を経験しました。経営法務の1問が届かずに足切りにあってしまったのです。全科目合計は合格点に達していましたが足切りで不合格です。この時の悔しさは一生忘れられません、そしてこの試験の恐ろしさを知りました。

1次試験で重要なことは、「過去問を何度も解き、頻出の大事な論点は必ず得点できるようにすること」です。そして、「努力した(時間をかけた)科目は必ず得点が伸びる」ということだと思います。

受験の戦略としては、①どの科目でどれだけの点をとればよいのか、勝負科目はなにかを決める、②得意科目があればそれを伸ばし、科目合格していても免除しない、③夏休みは、すべての力を1次受験につぎこみ1週間集中特訓する、ことかと思います。

3. 2次筆記試験「今年になってわかったこと」

2次筆記試験では、いくつかの重要なことに気づくと、合格が見えてきます。それは、「毎年、問われていることは同じ。問われ方が違うだけ」「与件にある課題には、必ず答えなければならない」「事例Ⅳこそ与件本文が大事」「事例Ⅳは優先度を見極めて解く」などです。

自分にとって、平成26年度(合格年)でキーとなったのは、事例Ⅳだと思っています。事例Ⅳは、決して得意ではないのですが、唯一手ごたえがあり、「事例Ⅳのアドバンテージで、他の事例が大崩れしていないこと」今回、合格できるとしたら、このパターンしかないという状況でした。今回事例Ⅳは、第3問→第1問→第4問→第2問の優先度で解きました。これが部分点を含めてこの時点でできる力をほぼ出し切れ好結果に繋がったと考えています。

4. 勉強会は、「同じ目標を持った人格者の集まり」ここで学んだこと

弱小勉強会は、私にとって、「パワースポット」、そして「モチベーション維持」にとても役立ちました。なによりも来ると安心できる楽しい勉強会だったように思います。

勉強会の活用方法としては、1次試験対策の良いペースメーカーになりました。参加するには、必ず予習が必要なので勉強会のスケジュールについていくことで、課題をこなしていくことができました。そして、勉強会のファシリテータになることで、診断士として必要なアウトプット能力も向上したと思っています。

弱小勉強会の1次試験合格率は、60%以上です。受験者全体の合格率は、23%程度ですから、非常に有効な学習ができているということが言えるのではないでしょうか。

私は、1次対策中心で勉強会を活用していましたが、2次試験対策として「その場とき+議論」を有効活用しました模擬試験等は一切受けませんでしたが、80分の練習や議論で発言することがよい勉強になったのだと思っています。

弱小勉強会では、単に受験対策をしているだけではなく、それ以外にも勉強会という組織の運営や考えさせられるようなアドバイスやノウハウをたくさんいただきました。

例えば、弱小勉強会では、「コミットする」ことが求められます。それは、会への貢献でもあり、勉強に対する宣言でもあります。この「コミットする」は、自分に最も足りないことだったと気づかされました。コミットするとは、「有言実行」のようなものですが、これまでの私の考えは、「不言実行→有言実行→不言不実行→有言不実行」で考えていました。しかし「不言」ではダメなことがたくさんあるということを学びました。

その他、(1)診断士は「人や組織を動かすことができる人、働きかけのできる人」、(2)人間力を高めるために「専門性」「対人間関係力(説得力、共感、意思力、判断力)」「文化・教養」を持つこと、(3)診断士は、支援される側(指示待ち、自己中心)ではなく、支援する側(自発的、何とか解決しよう)である必要がある、(4) 診断士として、プロの領域に入っているか?そのために、問題解決への「切口」を持ち、感覚的判断が論理的に裏打ちできているかが重要、(5)挑戦し、経験している人が何かを得られる などを学びました。現在でも道半ばですが、こうしたことを意識していることが大切と考えています。

以上


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です